ボックスモルフの作成

モルフツールを有効にして、ボックス図形作成法を選択します。

3Dウィンドウの場合:

1.入力平面を選択します。クリックしてデフォルトの平面を選択するか、既存要素に基づいて、または編集中の平面コントロールを使用して別の入力平面を選択します。

編集中の平面の位置変更」を参照してください。

「何もない空間」をクリックすると、デフォルトの入力平面は[モルフのデフォルト設定]で定義された基準高さになります。

2.2 回クリックして、ボックスモルフの矩形基部を定義します(基部は常にグリッドと整列されます。グリッドを回転させてボックスの配置角度を変更できます。また、配置後に回転させることもできます)。

3.カーソルを移動してボックスモルフの高さを定義します。

4.クリックして終了します。

平面図または断面図の場合:

1.情報ボックスからボックス図形作成法を選択します。

2.2回クリックして、ボックスモルフの矩形基部を定義します

3.押出ベクトルの長さを入力します。この距離はボックスモルフの高さになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/ExtrusionVectorLength00063.png