モデル要素の接続

ARCHICADでは、モデル要素を相互に結合して断面形状を作成できます。

要素を接続するには、以下に示すようにいくつかの方法があります。

優先度に応じた自動接合:通常、干渉する組み立て要素は、ビルディングマテリアルで定義される要素(または層)の各交差優先度に基づいて、全てのビューで正確な交差部を作成します。

切り取り(屋根またはシェルを使用してモデル要素を切り取ります)

要素の結合(優先度に応じた接合を有効にして、屋根、シェル、モルフをその他の要素と接続します)

ソリッド編集(SEO)

接続(複数の壁とカーテンウォールの間で接続します)

これらの全ての機能の共通点は、2 つの要素間の連動接続が作成されることです。「連動」とは、接続した要素が単独要素のままであっても、接続相手の要素の形状を変更すると、接続した要素が自動的に調整されることを言います。

各機能の詳細については、後続のセクションで説明します。

要素の交差

屋根/シェルで要素を切り取る

カーテンウォールに壁を接続

ソリッド編集

要素の結合:屋根、シェル、モルフ

要素の接続を管理する