スラブ

スラブは、ARCHICADにおける基本の水平構成要素です。スラブは通常、フロア、分割レベル、または天井のモデル作成に使用されます。

スラブの各部分の属性は、スラブの設定ダイアログボックスで設定します。

スラブツールの設定」を参照してください。

他の組み立て要素と同様に、スラブの基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。

注記:他のフロアのメッシュとスラブの平面図の輪郭(配置フロア以外のフロアに表示されている場合)は、[プロジェクト設定]→[レガシー]で設定した線種を使用して表示されます。

スラブの材質はビルディングマテリアルの一部として定義されますが、スラブの設定の[モデル]パネルでは、3つの各スラブ材質(上部、下部、辺)を上書きすることができます。

スラブの各辺に対して、個別の材質と個別の辺角度を割り当てることもできます。

スラブの辺角度と辺材質のカスタム設定」を参照してください。

要素を正確に配置できるように、各スラブには基準面があるため、その他の要素との接続を簡単に制御できます。

スラブの基準面」および「要素をスラブに調整」を参照してください。

吸引機能はスラブにも使用できます。[スラブに吸引]コマンドをオンにすると、要素をスラブの表面に簡単に配置できます。

吸引」を参照してください。

このセクションのトピック

スラブの基準面

スラブの作成

穴をスラブに配置

スラブの辺角度と辺材質のカスタム設定

スラブツールの設定