断面図でのカーテンウォール境界を編集

断面図または立面図では、カーテンウォール境界を選択したり画面上で編集できませんが、一連のコマンドを使用して塗りつぶしの形状を編集し、編集した塗りつぶしの形状をカーテンウォール境界に適用できます。

このコマンド([デザイン]→[カーテンウォール修正]→[断面で境界編集])は、断面図、立面図、および展開図ウィンドウでのみ使用できます。

境界を塗りつぶしへ抽出

塗りつぶしから境界を再定義

境界から塗りつぶしを削除

塗りつぶしを境界に追加

1.既存のカーテンウォールを表示する立面図を開きます。カーテンウォールを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Extract1.png 

2.[デザイン]→[カーテンウォール修正]→[断面で境界編集]→[境界を塗りつぶしへ抽出]を使用します。カーテンウォール境界と同じ形状をした塗りつぶしが作成されます。塗りつぶしは表示順序で前面に配置されるため、カーテンウォールを見ることはできません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Extract3.png 

3.適用可能なペットパレットコマンドを使用して、塗りつぶしポリゴンを編集できます。この塗りつぶしは、カーテンウォール境界の形状を表示しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/Extract4.png 

4.塗りつぶしポリゴンを編集したら、塗りつぶしとカーテンウォールの両方を選択します。

5.[デザイン]→[カーテンウォール修正]→[断面で境界編集]→[塗りつぶしから境界を再定義]コマンドを使用し、カーテンウォールをクリックします。カーテンウォール境界が、塗りつぶし境界に合わせて再定義されます。

6.塗りつぶしを削除し、編集したカーテンウォールを表示します。

断面図ウィンドウ内での、その他のカーテンウォールの編集機能

1.塗りつぶしツールを選択して、カーテンウォールの表面に任意の形状を描画します。

2.塗りつぶしとカーテンウォールの両方を選択します。

3.[デザイン]→[カーテンウォール修正]→[断面で境界編集]→[境界から塗りつぶしを削除]または[塗りつぶしを境界に追加]を使用します。

使用するコマンドに応じて、カーテンウォール境界が変更します。

ポリゴンの形状の追加および削除」も参照してください。