カーテンウォール境界を追加

1 つのカーテンウォールに複数の境界を含めることができます。この機能の利点は、 1 つのカーテンウォールで複数の別々の形状や断面図を作成しながら、その全てに対して同じスキームを使用できることです。

この例では、建物の南側の面に、 2 つの部分からなる均一のスキーム設定を使用する単一のカーテンウォールを配置します。

1.通常の方法で、面の1つに直線カーテンウォールを描画します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TwoBoundary3.png 

2.カーテンウォールを選択し、編集モードに入ります。[環境]表示オプションがオンになっていることを確認します。

3.スキームツールと境界入力方法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/BoundaryInput.png 

境界を描画したいカーテンウォール分節をクリックします

4.新規境界の描画を開始します。描画は、現在編集されているカーテンウォールの基準面で行われます。

注記:カーテンウォールのベース表面は複数の方向に無限であるため、元の 1 つのカーテンウォールで作業しながら、新規の境界を複数描画するための空間を確保できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TwoBoundary4.png 

5.新規の境界を完成させます。

6.スキームを表示した状態で、結果を確認します。スキームが、新規の境界を収容するために拡張されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/TwoBoundary5.png 

7.選択したグリッドラインを編集するか、パネルパターンを編集してみてください。このカーテンウォールの各部分は、 1 つの基準面と 1 つのスキームに基づいて構築されているため、同期して処理されます。