カーテンウォールにドアまたは窓タイプのパネルを配置する

窓やドアのように機能する GDL ベースのパネルを配置できます。ARCHICADでは、複数のパネルが事前定義されており、これらは[パネルタイプおよび形状]パネルの[タイプ]ポップアップにリストされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PanelDoor.png 

ドアタイプのパネルをカーテンウォールに配置するには、以下の手順を実行します。

1.カーテンウォールを選択し、編集モードに入ります。

2.ドアタイプのパネルに置き換える既存のパネルを選択します(置き換えられるのは、矩形パネルだけです)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorPanel2.png 

3.選択した2つのパネル間のフレームを削除して、パネルを「結合」します。

パネル表示をオフにするとフレームが見やすくなります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorPanel4.png 

4.2つのパネルを分割しているフレームを選択します。

5.フレームを削除します。

6.パネル表示をオンに戻し(編集モード表示を制御するリスト内の「パネル」の隣にある目玉アイコンをクリックして、開いた状態に戻します)、前に選択した2つのパネルが 1 つのパネルに結合されていることを確認します。

7.このパネルを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorPanel5.png 

8.情報ボックスで、目的のドアタイプを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SelectPanelDoor.png 

選択したパネルが、他のGDLドアと同様に開閉が可能なドアタイプのパネルに置き換えられます。新しく配置されたこのパネルのクラスは、メインでもサブでもなく「カスタム」です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorPanel6.png 

このドアタイプのパネルオブジェクトには、「上方向」という編集可能なパラメータがあります。カーテンウォールを自由に回転してドアの「上」の位置が変わった場合に、このパラメータを使用してドアの「上」を90度単位で再定義できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorPanelDirection.png