カーテンウォールの表示

平面図ビューおよび断面図ビューでのカーテンウォールの表示は、カーテンウォールの設定で定義します。

カーテンウォールのデフォルトの平面図表示オプションは、「シンボルと上部線」と呼ばれるもので、カーテンウォールの設定での独自のオプションです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CWFPDisplay.png 

[シンボルと上部線]では、フレームおよびパネル要素がシンボル表示で描画されます。カーテンウォールの3Dモデルは平面図の切断面の高度での切断として表示され、さらにカーテンウォールの上部(平面図の切断面の上にある部分)とその投影(下方向)部分が表示されます。

シンボルと上部線モードでは、付属品と接合部は平面図には表示されず、フレームの中心線だけが表示されます。

シンボルオプションまたはシンボルと上部線オプションは、通常の垂直のカーテンウォールにお勧めします。その他の形状の場合は、[投影線]オプションのほうが良い成果が得られます。

カーテンウォールのモデル表示オプション

[ドキュメント]→[モデル]→[モデル表示オプション]に移動します。[組み立て要素オプション]パネルで、2 つのカーテンウォール表示用の環境設定から、どちらかを選択します。この設定が適用されるのは、3D、断面図タイプおよび3Dドキュメントウィンドウだけです。

全て:パネルとフレームがカーテンウォールに表示されます。

簡略:スキーム(グリッドライン、境界、基準線)のみが表示されます。