曲線カーテンウォールの平面図での作成

平面図にある次の建物は、曲線スラブに基づいています。

南立面に曲線カーテンウォールを追加するには、次の手順に従います。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW_CurveSlab.png 

1.カーテンウォールツールを有効にして、情報ボックスから3点図形作成法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW2Tool.png 

2.3つの点をクリックして、カーテンウォールの基準円弧を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW2_2.png 

3.4回目のクリックで、壁の両終端と円柱の中心点で形成される角度を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/CW2_3.png 

4.太陽カーソルをクリックして、カーテンウォールの「外側」を定義します。

5.[カーテンウォールを配置]ダイアログが表示されるので、カーテンウォールの高さを入力します。ここでは、6200 mmと入力します。

曲線カーテンウォールの場合、勾配を設定できません。勾配は常に垂直となります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/PlaceCWNoAngle.png 

注記:[カーテンウォールを配置]ダイアログボックスの[位置決め]部分のアイコンから、3つの方法でカーテンウォールの高さを定義できます。

詳細は、「[カーテンウォールを配置]ダイアログボックス:平面図と3Dウィンドウ」を参照してください。

6.[配置]をクリックして、ダイアログを閉じます。カーテンウォールが配置されます。

3Dウィンドウで結果を確認します。