ARCHICADで使用するオブジェクトの保管場所

プログラムの一部として付属する標準のARCHICADライブラリには、定義済みの多数の標準オブジェクトが含まれます。

ARCHICADのライブラリマネージャーを使用すると、いつでも追加ライブラリをロードでき、個別のライブラリ部品を埋め込みオブジェクトとして追加することもできます。 BIM Server のライブラリにアクセスすることもできます。

詳細は、「ライブラリマネージャー」を参照してください。

ライブラリ部品の参照時に、ライブラリ部品要素の設定ダイアログボックスや[材質設定]から、BIMコンポーネント(BIMcomponents.com)にアクセスできます。BIMコンポーネントは、ARCHICADユーザーが提供する検索可能な対話式のオブジェクト/材質デポジトリです。

詳細は、「ライブラリ部品の検索」および「BIMコンポーネント」を参照してください。

材質のインポートの詳細については、「カタログから新規作成」(「材質設定」)を参照してください。

インターネットでは、GDLオブジェクト専門のウェブサイトの数が増えています。特にGDLセンター(GRAPHISOFTのGDLナレッジベース:gdl.graphisoft.com)を参照してください。

他社製のプログラムまたはアドオンを使用すると、GDLオブジェクトの作成や編集ができます。GDLオブジェクトには、GDLスクリプトとその他のアプリケーション別データが含まれています。詳細については、販売店にお問い合わせください。

DXFライブラリはCADの世界では広く普及し、エンジニアリングおよびデザイン分野の大部分を網羅しています。多くのメーカーは、製品のシンボルまたはモデルをDXF形式で提供しています。ARCHICADでは、こうしたライブラリを簡単にインポートできます。

ARCHICAD内の既存の要素を使用して、カスタムオブジェクトを作成し、保存できます。

詳細は、「カスタムライブラリ部品および構成要素のグラフィック作成」を参照してください。

他の3Dアプリケーションでモデリングして、その3Dモデルをインポートできる場合もあります。

詳細については、[GRAPHISOFT Documentation]フォルダのアドオン関連文書を参照してください。

GDLスクリプトをお試しになる場合は、「カスタムオブジェクトのスクリプト作成」から開始してください。GDLセンター(gdl.graphisoft.com)も参照してください。