ドア、窓、カーテンウォール、階段、手摺りのカスタム構成要素の作成

ドア、窓、および階層デザイン要素(カーテンウォール、階段、手摺り)は、多数のパラメータを選択できるGDLオブジェクトです。例えば、ARCHICAD ライブラリのドアには、さまざまなドアパネルとドアノブが用意されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/DoorComponents.png 

ただし、設計によってはライブラリに用意されていない種類のドア構成要素が必要な場合もあります。この場合、モデル要素を描画してライブラリ部品として保存し、配置するドアに使用可能なカスタム構成要素(ドアハンドルなど)として定義できます。

定義可能なカスタム構成要素は、[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[選択内容に名前を付けて保存]に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/SaveAsCustomComponent.png 

例えば、スラブをカスタムドア扉として保存できます。生成されるGDLオブジェクトは、ドア扉としてプロジェクトの埋め込みライブラリに保存されます。ドア扉を使用する全てのドアでは、このカスタムドア扉を使用できます。

カスタム構成要素を適用するときに、ARCHICAD は必要に応じてこのサイズを自動的に変更します。例えば、1000×2000mmのサイズのドア扉タイプのカスタム構成要素を作成するとします。800×2000mmのサイズのドアがあり、全ての側面の切り取り幅が50mmである場合、ドア扉のサイズは700×1950mmに変更されます。プログラムは、ドア扉のカスタム構成要素の全ての部品をこのサイズに合わせて拡大/縮小します。

自動サイズ変更は、階段および手摺りのサブ構成要素として保存したカスタム構成要素には適用されません。プロジェクトで使用する階段および手摺り構成要素は、正確なサイズで作成する必要があります。

階段と手摺りのカスタムサブ要素」を参照してください。