カスタムオブジェクトのスクリプト作成

カスタムオブジェクトを作成する一番簡単な方法は、ARCHICADツールを使用してグラフィカルに作成することです。

カスタムライブラリ部品および構成要素のグラフィック作成」のトピックを参照してください。

ただし、別のオプションとして、GDLプログラミング言語とARCHICADのスクリプト作成環境を使用してカスタムオブジェクトを作成することもできます。上記の方法では十分でない場合や、ユーザー定義のパラメータを使って形状を制御できるライブラリ部品が必要な場合には、このオプションを使用します。

GDLセンター(GRAPHISOFTのGDLナレッジベース:gdl.graphisoft.com)を参照してください。

オブジェクトパラメータの編集時に、GDLライブラリ部品の編集ツールバー([ウィンドウ]→[ツールバー]→[GDLライブラリ部品を編集])を起動すると、よく使用するコマンドにすばやくアクセスできます。[作業環境]ダイアログボックスを使用して、ARCHICADのメニューにこのツールバーを追加できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/03-1-elements-virtual-building/EditGDLToolbar.png 

新規オブジェクトの作成と既存オブジェクトの修正は、GDLマスタウィンドウという単一の環境で処理されます。このウィンドウでは、GDLオブジェクトのパラメータ、構成要素、記述項目、スクリプトおよび2Dシンボルの追加または編集を行うことができます。

詳細は、「GDLオブジェクトエディタ」を参照してください。

各 GDL オブジェクトには、平面図ビューにオブジェクトを表現するためのスケール付きのシンボル、製品系列のバリエーションを定義するパラメータセット、および要素の複雑な形状を記述する3Dスクリプトを含めることができます。GDLオブジェクトの3D表示は、ユーザーが選択したパラメータを考慮した3Dスクリプトから生成されます。

GDLでのスクリプト作成は図形だけに限定されません。費用、在庫、テクスチャなど、多くの便利な属性を持つ要素を作成できます。

インポートされた GDL オブジェクトのカスタム属性の ARCHICAD プロジェクトでの処理方法については、「GDLオブジェクトのカスタム属性」を参照してください。

GDLオブジェクトの中には、形状データを持たないものがあります。例えば、マクロは全てのオブジェクトファイルに同じスクリプトを含める必要をなくすために、他のオブジェクトが参照できるようにしたテキストのみのファイルです。また、特性オブジェクトには要素の数量の計算に使用される記述データだけが含まれています。

プロパティオブジェクトの詳細は、『ARCHICAD計算ガイド』を参照してください。

平面図に配置済みのオブジェクトを修正するには、オブジェクトを選択してから[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[オブジェクトを開く]を選択します。GDLオブジェクトマスタウィンドウが表示されます。

詳細

GDLオブジェクトの作成に関する詳細なリソース」を参照してください。