断面図を更新する

注記:更新プロセスは、断面図、立面図、展開図、および3Dドキュメントで同じです。

各断面の状態は、断面と平面図のモデルとの間のリンク(および再構築法)を定義します。

詳細については、「断面図の再構築状態を割り当てる」を参照してください。

自動再構築モデル断面図を更新する

自動再構築モデル断面図は平面図モデルにリンクされており、インタラクティブに編集できます。平面図を変更すると、自動再構築モデルステータスの断面を開くたびに、断面が自動的に再構築されます。

注記:バックグラウンド処理がオンの場合(バックグラウンド更新の各コントロール([オプション]→[作業環境]→[モデル再構築オプション])を参照)、ウィンドウを開かなくてもバックグラウンドで再構築が実行されます。

断面図ウィンドウの既存の組み立て要素(連動寸法を含む)を変更すると、バックグラウンドで他のウィンドウの要素も自動的に更新されます。更新プロセスは組み立て要素にのみ影響します。平面図または断面ウィンドウに追加した2D要素は他のウィンドウには反映されません。

自動再構築モデルタイプを使用していて、断面ウィンドウ内で要素を編集している場合、この再構築機能はこのウィンドウ内で連続的かつ即時に機能します。ただし、大きい平面図では、連続的に自動再構築されると動作が遅くなることがあります。断面図ウィンドウを開くか、画面の前面に表示したときにのみ断面図ウィンドウを再構築する場合は、[オプション]→[作業環境]→[モデル再構築オプション]ダイアログボックスに移動し、[自動再構築モデルビューポイントを継続的に更新する]チェックボックスをオフにします。

更新中に別のウィンドウまたはタブに切り替えると更新がキャンセルされるため、更新が完了するまで待機せずに連続してビューのタブを移動できます。

さらになお手動で再構築する必要がある場合は、[表示]→[更新]→[モデルから再構築]コマンドを使用できます(2D図面要素をリフレッシュするのに使用する標準の[表示]→[更新]→[再構築]コマンドは、自動再構築モデルウィンドウでは使用できません)。

注記:平面図に加えた一部の複雑な変更(例えば、ライブラリ部品の修正)は、モデルの断面ウィンドウに自動的には表示されません。手動で再構築する断面の場合は[表示]→[更新]→[再構築]コマンド、自動的に再構築される断面の場合は[表示]→[更新]→[モデルから再構築]コマンドを使用して、この変更が適切に反映されているか確認します。

手動再構築断面図を更新する

手動再構築モデルタイプの断面は、自動的には再構築されません。モデルから再構築するには、メニューの[表示]→[更新]→[モデルから再構築]コマンドを使用する必要があります。

再構築中は進行状況のフィードバックが表示されます。再構築をキャンセルする場合は、進行状況のウィンドウをクリックします。

図面断面図を更新する

自動再構築または手動再構築のいずれかのタイプの3Dドキュメントには適用できません。

図面タイプの断面を再構築するには、[表示]→[更新]→[再構築]を使用します。このコマンドはビューを2D図面として更新し、一時的な表示エラーを修正します。

[図面タイプの断面]ウィンドウを全面的に更新するには、[表示]→[更新]→[モデルから再構築]を選択します。これによりウィンドウの内容が更新され、バーチャルビルディング™モデルの現状が完全に反映されます。その過程で、モデルの全ての 2D 要素は削除され、最新のビューが生成されます。つまり、 2D 要素に対する手動での編集内容は全て失われます。手動で追加した2D要素はそのまま配置されます。