ワークシートウィンドウの内容

新規のプロジェクトベースワークシートには、図面要素、つまり線と塗りつぶしのみが表示されます。これらは、平面図、断面/立面/展開図、または3Dドキュメントからコピーされた組み立て要素から作成されます。

ワークシート境界内の断面/立面図および詳細図/ワークシートのマーカーは有効なマーカーで、マーカーとして機能し続けます。

デフォルトでは、モデルの全てまたは一部を[ワークシート]ウィンドウに転送すると、作成されるワークシートに注釈要素および寸法も表示されます。

注釈/寸法を含めず組み立て要素だけをコピーするには、[ワークシート設定]の[組み立て要素のみコピー]ボックスをチェックします。

作成されるワークシートは、ソースがある場合はソースと同じスケールです(ソースにスケールがない場合は、デフォルトスケールで表示されます)。

境界によって切り取られる注釈、寸法およびマーカー

ワークシート境界が注釈要素、寸法またはマーカータイプの要素(断面/立面図マーカー、詳細図/ワークシートマーカー)と交差する場合、これらは、該当する基準を満たしていれば、以下のように[ワークシート]ウィンドウに転送されます。

注記:詳細図には以下が適用されます(ただし、[詳細図設定]の[組み立て要素のみコピー]のチェックを外さなければ、デフォルトでは、詳細図には注釈や寸法は含まれません)。

[画像および図面]:参照ポイントが1つでもワークシート境界内にある場合、画像または図面全体がワークシートに含まれます。

[ラベル]:矢印が境界内にある必要があります。

[寸法]:関連参照ポインまたは寸法の終点が境界内にある必要があります。

2つの終点がある寸法の場合は、両方とも境界内にある必要があります。

寸法列は辺別に転送されます。辺の終点が両方とも境界内にある場合、その辺はワークシートに含まれます。

[ドア/窓マーカー]:壁のいずれかの部分が境界内にある場合、その壁の全てのドア、窓、およびドア/窓マーカーもワークシートに含まれます。

[詳細図マーカー]:詳細図ビューポイントの原点(「X」)またはマーカーの終点が境界内にある場合は、マーカー全体がワークシートに含まれます。

[断面図および立面図マーカー]:断面線または立面線が一部でも境界に含まれる場合、断面/立面図マーカー(GDLオブジェクト)はワークシート内に含まれます。ただし、境界に断面/立面線の一部だけが含まれるときには、線の形状が異なる(線が短くなる)場合もあります。

注記:展開図マーカーは、断面/立面図マーカーと異なり、境界によって切り取られ、線/円弧に分解された線/塗りつぶし構成要素としてワークシートで表示されます。

関連トピック

詳細図/ワークシート境界の表示

詳細図/ワークシートマーカーの境界を更新する