ワークシートについて

[ワークシート]ウィンドウには、部分的な平面図や断面図などモデルベースの 2D 図面や、全て2D で作成された図面用の専用環境があります。ワークシートは、 2D ツールを使用して図面を仕上げたり、 2D しか利用できない協力会社と作業するための専用環境として使用できます。

モデルとは連動しない設計図書用の表や組織図などの追加もできます。

詳細図ウィンドウの場合と同様に、ワークシートの要素は2Dの線や塗りつぶしなど、線/円弧に分解された組み立て要素の2D複製で構成されます。[ワークシート]ウィンドウでは、2Dツールだけを使用できます。

モデルから生成し線/円弧に分解した2D要素には、編集を困難にする余分な要素(余分な線分、重複または余分な塗りつぶし)が含まれている場合があります。編集作業を簡単にするには、まずウィンドウ内の選択した項目で線および塗りつぶしの整理機能を使用します。

詳細は、「図面ウィンドウで線および塗りつぶしを整理する」を参照してください。

どの種類のマーカーでもワークシートにリンクできます。

断面図マーカーは、図面タイプの断面図を作成するためにワークシートに配置できます。また、図面タイプの詳細図を作成するために詳細図マーカーをワークシートに配置できます。このような図面断面図および図面詳細図を[ワークシート]ウィンドウの内容に基づいて更新することはできません。

ワークシートツールは、どのウィンドウでも有効です。ワークシートツールには、他のARCHICADマーカーツール(断面図、詳細図)と同じようなマーカーおよびリンクオプションがあります。

[ワークシート]ウィンドウを開くには、ナビゲータでその名前をダブルクリックします (ワークシートは、ミニナビゲータツールバーの[移動]コマンド、[ウィンドウ]→[ナビゲータ]→[ワークシート]メニュー、または[ウィンドウ]メニューから開きます)。使用可能な2D作図ツールを使用して、オブジェクト、テキスト、ラベルを配置するか、詳細図ウィンドウに既存の図面を貼り付けます。