ワークシートと詳細図

ソースモデルに基づくワークシートの作成はモデルベースの詳細図の作成と似ていますが、ワークシートは、部分的な平面図および部分的な断面図の作成用に最適化されています。

詳細図ツールとは異なり、ワークシートツールでは、現在のウィンドウの内容全体をワークシートビューポイントの2D要素として複製する1クリック「取り込み」図形作成法が提供されます。

結果として、ソースモデルの全てまたは一部を[ワークシート]ウィンドウに転送する場合は、以下のようになります。

デフォルトでは、2Dの構成要素に分解される組み立て要素に加えて、注釈要素および寸法も作成されるワークシートに表示されます(これとは対照的に、モデルから作成された詳細図ビューポイントは、デフォルトでは、組み立て要素の 2D 専用コピーだけを含み、ソースモデルの注釈/寸法要素は含みません)。

作成されるワークシートは、ソースと同じスケールです(これとは対照的に、詳細図は、デフォルトでは、元の半分のスケールで作成されます)。