塗りつぶし表示モード:ベクトル表示とビットマップ

それぞれの塗りつぶし種類には、ベクトルとビットマップという2つの表示モードがあります。

デフォルトでは、プロジェクトの全ての塗りつぶしは、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]でベクトルハッチングとして表示されるように設定されています。

このコントロールをオフにすると、塗りつぶしはビットマップモードで画面上に表示されます。画面表示がビットマップに設定されている場合でも、印刷時またはプロット時にはベクトルが使用されます。

事前定義された全ての塗りつぶしパターンのビットマップ形式は、ベクトル形式とほぼ同等です。ベクトルパターンを変更したり、新しいシンボルタイプのパターンを作成するときには、ビットマップ形式を手動で作成する必要があります。

使用状況と表示用パターン」を参照してください。