塗りつぶしについて

塗りつぶしは、プロジェクトの要素の区別や装飾に役立つ2Dハッチパターンです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/04-documentation/FillsSection.png 

また、ベクトルハッチングとして、3Dウィンドウおよび3Dドキュメントで塗りつぶしを使用して材質を装飾することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/04-documentation/Fills3D.png 

ARCHICADには、事前に定義された塗りつぶしパターン、塗りつぶし種類が用意されています。

塗りつぶしには、[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]からアクセスします。このダイアログボックスでは、塗りつぶしの定義、編集、複製、名前の変更、および削除が可能です。

関連トピック

プロジェクトの全ての塗りつぶし

塗りつぶしポップアップでの塗りつぶしの使用状況の定義

切断塗りつぶしの割り当て

表面塗りつぶしの割り当て

作図塗りつぶしの描画

[塗りつぶしの設定]ダイアログボックス

塗りつぶしカテゴリ

無地塗りつぶしの新規作成

塗りつぶし表示モード:ベクトル表示とビットマップ

ベクトル塗りつぶしの表示

ベクトル塗りつぶしまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きの設定

シンボル塗りつぶしの作成または編集

塗りつぶしに面積数値を追加

グラデーション塗りつぶしの使用

画像塗りつぶしの作成または編集