レイアウトの図面の修正

レイアウトに配置された図面の修正は元のビューで行われますが、レイアウトウィンドウ特殊機能を使用できます。

レイアウトウィンドウで図面に対して行われる操作は、元のビューには反映されません。

レイアウト上の図面は、矢印ツールで選択した後、境界のホットスポットの1つを移動してストレッチできます。

配置した図面またはそのコピーの移動や回転も可能です。

[編集]→[移動とコピー]→[連続コピー]コマンドを使用して同一の図面の複数コピーを作成した後、各コピーをカスタマイズできます。

レイアウトとモデルは、異なる複数のペンテーブルを参照できます。これは、最適の印刷およびプロット結果を獲得するために、レイアウトで使用する個々のペンセットを定義できることを意味します。

注記:レイアウトのペンセットは、レイアウトに直接配置された要素(タイトルブロックのようなマスタレイアウト項目など)に影響します。図面のペンセットは、配置済み図面の内容に影響を及ぼし、図面の設定で割り当てられます。

詳細は、「ペンとカラー」を参照してください。

デフォルトでは、図面はそのソースビューで定義したペンセットを使って表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_solo/04-documentation/PenSet.png 

必要に応じて、[図面ペンセット]ボタンでペンセットにアクセスして編集し、名前を変更できます。

また、図面の設定のペンセットドロップダウンを使用して、プロジェクトのペンセットから他のペンセットを任意に選択できます。

[編集]→[変形]→[分解]コマンドを選択すると、選択した要素が図面要素(点、線、および塗りつぶし)に分解されます。表示されるダイアログボックスで、元の要素を一緒に保管するか、図面で置き換えるかを選択できます。後者の場合、配置された図面は削除されます。

分解」を参照してください。