エネルギー評価

エネルギー評価がARCHICAD環境に統合されたため、簡単なワークフローを使用してあらゆる規模のプロジェクトで建築物の動的エネルギー計算を実行できます。

ARCHICADのエネルギー評価では、規格に準拠したEcoDesigner STARアドオンと同じ動的ビルディングエネルギーシミュレーション技術が使用されており、設計担当者は、このエネルギー評価ツールを使用して、建築物のエネルギー性能に影響を与える全ての建築設計パラメータを監視および管理できます。エネルギー評価ツールは、設計プロセスのあらゆる段階で信頼性の高い動的エネルギー評価を実行できるため、設計担当者は建築物のエネルギー効率に関する情報を十分に検討して決断を下すことができます。建築設計ワークフローにエネルギー評価を含めると、エネルギー効率の規制や建築物のエネルギー基準に準拠したプロジェクトを簡単に構築できます。

[エネルギーモデル再検討]パレットを使用して、 ARCHICAD BIM から複数のヒートブロックの建築エネルギーモデル(BEM)を直接作成して視覚化します。

モデルベースのソーラ解析を使用して、外部のガラス開口部それぞれの、基準年の毎時の日射強度を算定します。これには、周囲の環境(建築物、植物など)の日陰の影響や日除け部材も考慮します。

ARCHICADのモデル形状と材質特性をIFC経由またはXLSスプレッドシートとしてエクスポートして、外部のエネルギー分析アプリケーションで処理します。

ARCHICAD に搭載された VIP-Core エンジンを使用して、動的エネルギーシミュレーションを実行し、エネルギー性能レポートを作成します。このレポートにより、プロジェクトの年間エネルギー消費量、二酸化炭素排出量、および年間エネルギー収支に関する情報が得られます。

エネルギー評価機能の詳細は、以下のセクションに記載されています。

エネルギー評価ワークフロー:概要

エネルギー評価用一般設定

エネルギー評価:BIMからBEMを直接作成する

[エネルギーモデル再検討]パレット

追加データの割り当てと入力

エネルギー性能評価