マウスの移動制御

ARCHICADのマウスの移動制御は、スナップガイドと参照線の代わりに利用できる編集補助機能です。

スナップガイド」および「参照線」を参照してください。

マウス制御機能によって定義される角度の組み合わせを使用すると、入力時に Shift キーを押してカーソルを特定の作図角にロックできます。このメカニズムは、要素の作図時または編集時にのみ有効になり、平面図では太いラバーバンド、3Dウィンドウでは要素の参照輪郭で示されます。[オプション]→[作業環境]→[入力制約とガイド]で定義された角度の組み合わせのいずれかを使用して、座標パレットにおけるカーソルの極角度値が一時的にロックされます。

[入力制約とガイド]ダイアログボックス」を参照してください。

マウスの移動制御の使用

マウスの移動制御のカーソル投影モード

マウスの移動制御の使用

描画の方向を制御すると、新しい要素の整列や接続が正確に行えます。角度組み合わせ機能を使って新規の要素を作図するには、次の手順に従います。

1.グリッドスナップ機能が無効になっていることを確認します。

グリッドスナップ機能」を参照してください。

2.クリックして要素の描画を開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/02-interaction/MCStartDraw.png 

3.描画を開始した点からカーソルを移動して、 Shift キーを押したままにします。 ARCHICAD は最も近くにある固定方向を探します。

マウスの移動制御のカーソル投影モード

描画の方向が固定されているとき、Shiftキーを押すと、未完成の要素とカーソルを置いた位置が破線でつながれます。

このオプションを切り替えるには

1.制御ボックスを表示します([ウィンドウ]→[パレット]→[制御ボックス])。

2.画面上で入力ベクトルを描画します。

3.Shiftキーを押して、固定方法を有効にします。

これで、[各種カーソルスナップ]ポップアップが制御ボックスで有効になります。カーソルをこのポップアップに移動し、必要なカーソルスナップを選択します。

制御ボックス」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/02-interaction/CBCursorSnapVariants.png 

固定された方向に向かって垂直

固定された方向から水平

固定された方向から垂直