交差の基本原理

ARCHICAD では、交差(または接合)の基本原理は、組み立て要素が空間内で干渉することです。要素が干渉する場合、全ての組み立て要素が全てのビューで正しく表示されます。

シェル、モルフ、および屋根の場合、干渉し、さらに[接続]メニューのコマンドを使用して結合するか、切り取る必要があります。

要素の結合:屋根、シェル、モルフ」および「屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

生成される交差部は、要素のビルディングマテリアルの優先度に応じて異なります。これは、[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスで設定します。ビルディングマテリアルの優先度が高い要素(または層)は、優先度の低い要素を切り取ります。

交差の優先度の変更」を参照してください。

これは、要素の構造が基本、断面形状、複合構造のいずれの場合でも、壁、梁、柱、スラブ、屋根、シェル、モルフの各要素で有効です(これらの要素は全て、少なくとも1つのビルディングマテリアルを使用します)。

ARCHICADの自動交差

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/AutoIntersect.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/PrioritySupport.png 

交差はモデルベースです。接続により、形状は物理的に層レベルに変更されます。つまり、3D ウィンドウ、一覧表、平面図、断面図など、全てのモデルビューで正しく表示されます。

注記:平面図のシンボル表示に要素を含む交差部は、 3D モデル表示と一致しない場合があります。表示が3D投影に基づく要素は正しく表示されます。

レイヤー交差グループには、別の制御方法が用意されています。交差数が異なるレイヤーを含む要素は交差しません。

注記:レイヤー交差数は要素優先度とは無関係であり、単に要素をグループ化するためのタグやラベル(1、2など)として機能します。

交差しないようレイヤーを使用」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/ModelCleanup.png