終端設定(トップレール、ハンドレール、レール)

各レールタイプ(トップレール、ハンドレール、標準のレール)に対して、このページを使用して終端の表示方法を定義します。

終端はレールの延長セグメントに追加されます。異なる材質を使用して終端構成要素を表示できます([材質上書き]コントロールを使用)。

注記:終端を表示しない場合は。延長の長さを0に設定するか、非表示の終端構成要素を使用します。

ポップアップリストからレールタイプを選択して、レールタイプごとに個別に終端パラメータを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/RailEndSettingsGen.png 

設定はレールの両端に適用されます。

各終端を個別にカスタマイズするには、編集モードを使用します(下記を参照)。

レール終端形状を定義する

延長直線、曲線、または直線と曲線を含む完全な戻り部分を追加します。

注記:延長は、標準レールにのみ使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/EndSettings3.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/RailEnd1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/RailEnd2.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/RailEnd3.png 

複製ハンドレール:4番目のオプションを使用して、ハンドレールとその反対側の複製ハンドレールを接続します。

複製ハンドレールの両端を接続する」を参照してください。

終端形状の曲線部分:値を入力して方向と形状を定義します。

傾斜レール(接続と終端)」も参照してください。

終端構成要素をレール終端に追加する

1.必要に応じて、[ハンドレール終端構成要素]パネルからレール終端オブジェクトを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/RailEndProfile.png 

2.[ハンドレール終端構成要素設定]パネルを使用して、パラメータを設定します。