壁の修正-基準線

[基準線/基準面]階層メニューのコマンドを使用して、選択した壁の基準線の位置と方向を変更します。デフォルトでは、このメニューは[編集]→[基準線/基準面]にあります。

このコマンドは、平面図で壁の位置を変更せずに基準線を移動します。

[壁基準線の変更]コマンドでは、以下のダイアログボックスが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/ModifyWallRefLine.png 

[位置を保持して壁を反転]:このボックスをオンにすると、壁の中心軸を基準として壁の基準線が反転します(方向は変更されません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/Mirror_Wall_in_Place.png 

ドアと窓は変更されません(以下のボックスをオンにした場合を除く)。

[壁にあるドアと窓を反転]:このボックスをオンにすると、壁のドアと窓の開口方向が反転します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/Mirror_Openings.png 

[基準線の位置を編集]:このボックスをオンにすると、コントロールを使用して、平面図の壁の位置を変更せずに選択した壁の基準線を移動できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/EditRefLine4.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-1-elements-virtual-building/Move_Reference_Line.png 

注記:ここで基準線位置を変更しても、断面形状壁には影響しません。

[オフセットを編集]:このボックスをオンにして、定義した位置からの基準線のオフセット距離を入力します。正の値を入力すると基準線は壁の躯体の中心に向かって移動し、負の値を入力すると基準線は中心から離れます(壁自体は移動しません)。

基準線が中心または躯体中心にある場合は、オフセットは使用できません。