平面図の切断面(グローバル設定)

平面図の 3D 組み立て要素(壁、カーテンウォール、柱、梁、および屋根)は、仮想の面に沿って水平に切断したように表示されます。これが平面図の切断面です。

配置フロアの基部から測定した切断面のデフォルトの高さは地域の建築規則によって異なりますが、[平面図の切断面]ダイアログボックスを使用して、現在のウィンドウに任意の平面図の切断面を設定できます。

切断面を設定するには、[ドキュメント]→[平面図の切断面]に移動します。

[平面図の切断面設定]ダイアログボックス」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-2-views-virtual-building/FloorPlanCutPlane.png 

注記:切断面は、メッシュ、スラブ、またはオブジェクトの要素の表示には影響しません。ただし、平面図の切断面設定に従って自身を表示するようにGDLオブジェクトをプログラミングできます。

[現在フロアからの切断高さ]に値を入力します。

全てのフロアに全ての組み立て要素を全体として表示したい場合(組み立て要素のデフォルト設定)、[平面図の切断面]ダイアログボックスの残りの設定は使用しません。

他の平面図の切断面設定(相対範囲と絶対限度)は、いずれかの組み立て要素の投影を制限するように定義している場合にのみ使用します。

平面図の切断面設定はグローバルです。現在の設定はプロジェクトの全てのフロアに適用されます。グローバルな[平面図の切断面]を設定しておくと、個々の組み立て要素(壁、柱、梁、および屋根のみ)の平面図表示をその要素の設定ダイアログボックスでさらに微調整できます。

詳細は、「平面図で個々の要素を表示するには」を参照してください。

複数のビューで別々の平面図の切断面を設定する

必要に応じて[ビュー設定]からアクセスできる[平面図の切断面]コントロールを使用して、ビューごとに一意の平面図の切断面を定義できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-2-views-virtual-building/FPinView.png