ソースマーカーに基づいたウィンドウ内の躯体表示設定

モデルビュー(断面/立面/展開図、詳細図またはワークシート)で作業をしている場合に、要素のソースが別のモデルウィンドウ内にあるケースがあります。

ただし、ソースビューポイントが手動再構築であるか、図面タイプのビュー/ビューポイントの場合は、ソースビューポイントが更新済みの状態とならないために、作成されたビューの躯体表示設定を変更しようとしてもできません。そのため、ARCHICADでは、手動再構築または図面タイプのソースから作成したビューの躯体表示設定を変更できないようになっています。

以下のビュー設定は、手動再構築モデルがソースのビューに属しています。躯体表示設定を変更できません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-2-views-virtual-building/PSDNotAvailable.png 

解決法:ソースビューに戻って(または、ソースビューをコピーして)、その更新タイプを[自動更新]に変更します。

反対の場合:自動更新ビューポイントと、そこから作成した複数のビューがあるとします。ビューポイントを[手動更新]または[図面タイプ]に変更します。この変更は可能ですが、このソースを元とするビューは、すでに作成済みのビューでも、再構築時にソースビューポイントの躯体表示設定に合わせて躯体表示設定が変更されます。

手動再構築タイプのソースビューポイントの躯体表示設定を変更すると(作成されたビューが自動再構築ソースに基づいている場合でも)、その変更の結果、作成されたビューの躯体表示設定も変更されるという警告が出されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac21_help/03-2-views-virtual-building/ViewpointManual.png 

そのまま再構築を継続する、あるいは過程をキャンセルもできます。解決するには、ソースビューに戻って(または、必要な躯体表示設定でソースビューをコピーして)、その更新タイプを[自動更新]に変更します。

このようなソースが自動構築から手動構築に変更されたビューを再構築する場合も、ビューの躯体表示設定が変更されるという警告が出されます。