直線セグメントを編集

接続移動: 他の直線要素に接続される直線要素の接続節点に使用可能です。
頂点挿入: 全ての直線MEP要素で使用可能です。縁をクリックして使用します。このコマンドは選択したMEP要素だけでなく、接合部に接続する直線要素または最後の直線要素まで、接続済み直線要素全てに対して反映されます。必要に応じて、新しいベンドが挿入されます。
辺をオフセット: 全ての直線MEP要素で使用可能です。クリックした要素(インライン、遷移、接合部要素を含む)に接続される全ての直線要素に対して反映されます。
エッジ高度変更: 2D ウィンドウでこのペットパレットコマンドを選択すると、[高度変更]ダイアログボックスが表示されます。選択した要素の変更する高度の値を入力します。
ストレッチ: 1つの接続していない直線セグメントの終端で使用可能です。