配置済みのMEP要素に接合部を配置してルーティングスタート

MEPルーティングパレットで[ルーティングスタート]をクリックします。
[接続要素を挿入]ダイアログボックスが表示されます。挿入する接合部タイプ(T型ダクト、ダクト分岐、Y型ダクト)を選択してから、[OK]をクリックします (使用可能な接合部タイプは、クリックした要素がダクト、ケーブル、パイプのいずれであるかによって異なります)。
Y型ダクト接合部を配置した場合は、2回クリックする必要があります。
平面図でダクト分岐を配置する場合、次の手順を実行します。
同様に、平面図でT型ダクトを配置する場合は、表示される参照線をクリックして次のルーティング要素を続行する角度を定義します。
注記: 様々な高度に配置された複数のMEP要素が一致する接続ポイントになるよう、平面図に表示されます。接続点のひとつからルーティングを開始する場合は、接続ポートを選択するプロンプトが表示されます。