ルーティング中の高さの相違

ルーティング作業を開始するときに、ルーティングパレット(水平矢印で示される組み立て法)の[一定高さ]に表示される高さの値をクリックします。この高さの値をクリックすると、複数の組み立て法から選択できます。
垂直上昇: 組み立て法を[垂直上昇]に切り替えます。平面図にダイアログボックスが表示されます。次の要素を終了させる高さを入力してください。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じて垂直辺を配置し、ルーティングを続行します。3Dウィンドウでは、垂直編集面に沿って辺を描画するだけです。
一定勾配角度: 組み立て法を[一定勾配角度]に切り替えて、スロープの角度を入力します。この作業中、角度の値を変更するか別の組み立て法に切り替えるまで、次にルートされる要素はこのスロープに沿って配置されます。
注記: スロープの角度の単位(度またはmm/メートルなど)は[MEP設定]の[上昇/下降単位]コントロールで定義されます。
[3D編集面]組み立て法は、3Dウィンドウでのみ使用できます。3D編集面を使用するには、ルーティングを開始して少なくとも1つの要素を上記の組み立て法を使用して配置している必要があります。その後、次の組み立て法の1つに切り替えて(3D編集面アイコンの3つのフライアウトオプションから1つをクリック)、選択した面に沿ってルーティングを続行します。
幅平面: ルーティングは幅平面に沿って続行します。この面は最後に配置されたルーティング済み要素の中心線と「幅」方向によって作成されています。
高さ平面: ルーティングは高さ平面に沿って続行します。この面は最後に配置されたルーティング済み要素の中心線と「高さ」方向によって作成されています。
垂直平面: ルーティング作業の最後に配置された要素の面から垂直の面に沿って、ルーティングを続行します。