ルーティングオプション

[接続]: 必要に応じて、接続タイプ(フランジ、溶接、簡易)を選択します。
[断熱材]: このチェックボックスをオンにすると、ルーティング作業中に配置したMEP要素の外側にオプションで断熱材層を追加します。[断熱材厚さ]を定義します。
[ベンドタイプ]でポップアップの黒矢印をクリックすると、ルーティング作業中に自動的に配置されたベンドのベンドタイプを選択できます。
遷移ルール: ルーティング作業の途中でセグメントの形状(幅、高さ、または形状)を切り替えた場合に、正確に接続されるよう自動的に配置された直線セグメントが遷移です。ルートのベンドで切り替えが発生した場合は、遷移要素はベンドの前または後に配置されます。使用する設定([ベンド前に配置]/[ベンド後に配置])を選択します。