MEPの[カスタム設定]パネル

[断熱材]: 要素の外表面に断熱材層を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。その後、断熱材の厚さの値を下のフィールドに入力します。
[MEPシステム]: この要素(例えば、ダクト)の全ての接続ポートが単一の目的で使用されている場合は、[一般設定]タブページにMEPシステムのポップアップが含まれます。このポップアップを使用してMEPシステム([オプション]→[属性設定]→[MEPシステム]で定義)をこの要素に割り当てるか、値を[未定義]にしておきます。
[示]タブページを使用して、この要素の2D(プラン)および3D表示でのカスタムパラメータを割り当てます。2Dシンボルのパラメータは左に、3D表示のパラメータは右にあります。
3D表示またはレンダリングで使用される材質を調整する場合は、[システム材質を使用]チェックボックスをオンにして[システム材質]設定の材質にすることができます。
[壁厚さ]: MEP要素の壁の厚さです。
[接続タイプ]: 適用可能な接続タイプを選択します。例えば、ダクト要素の接続には[シンプル]または[フランジ]のいずれかを選択できます。[フランジ]を選択した場合は、下のフィールドに幅の値を入力します。
[MEPシステム]: 要素が全般的に複数のMEPシステム(冷暖房など)で使用される場合は、[接続]タブページにMEPシステムポップアップが表示されます。これを使用して、MEPシステム([オプション]→[属性設定]→[MEPシステム])を現在選択している接続に割り当てます (対照的に、ベンドなどの単一機能の要素は[一般設定]タブページで1つのMEPシステム属性を割り当てます)。