モバイル機器を利用した外部とのBIMデータとチーム間のコミュニケーション

BIMx PRO ユーザーは簡単に自分のモバイル機器を使用して、どこからでもチームワークプロジェクトにアクセスできます。発行済のチームワークプロジェクトの図面や3Dモデルなどのデータを参照できます。BIMxの革新的なHyper-model技術では、全ての2D ドキュメントが3Dモデルに連動する仕様になっています。プロジェクトチームのメンバーとBIMプロジェクトを介してコミュニケーションを図れることに加えて、BIMx PROユーザーはドキュメント内の任意の箇所をハイライト表示やマーキングをすることができます。マーキングはメッセージ内に保存され、ARCHICADを利用しているユーザーに対して瞬時に送信されます。これらのモデルベースのコミュニケーションやマーキング機能を活用することで、管理に要する時間および労力を削減し、デザイナとクライアント/協力会社間により明白なやり取りを可能にします。
チームワークメッセージをモバイル機器で利用するには、BIMx PRO と BIMcloud の両方を導入する必要があります(BIMx と BIM Server間ではこの機能はサポートしていませんので、ご注意ください)。ARCHICADを利用してBIMx Hyper-modelを単体ファイルとして発行し、ファイル共有サービス(例:Dropbox、Google Drive)上でファイルを公開するか、GRAPHISOFTのBIMx Model転送サービスに直接に発行していただく必要があります。