BIM Serverの構成

ウィザードのページ間を移動するには、[次へ]または[戻る]をクリックします。
サーバー名: デフォルトでは、BIM Serverはコンピュータ名が使用されます。全てのサーバーのポップアップでは、BIM Serverをこの名前で認識します。
マスター管理者パスワード: マスター管理者(masteradmin)ユーザーの安全なパスワードを作成します。このマスター管理者は常にBIM Serverへログインすることができ、ホストされている全てのデータへのフルアクセスが与えられています。パスワードを忘れた場合には、BIM Serverの再設定をおこない、新しいパスワードを入力する必要があります。
ポート: 空いているポートを選択するか、自動的に探してくれる「未使用ポートの検索」コマンドを使用します。
データフォルダ: これはBIM Server Managerのデータを格納するフォルダです。
注記: プロジェクトは、次のページで定義される、異なるフォルダに保存されます。
[次へ]をクリックします。
ポート: 空いているポートを選択するか、自動的に探してくれる「未使用ポートの検索」コマンドを使用します。
プロジェクトデータ フォルダ: デフォルトのプロジェクトデータフォルダの場所を入力するか、または検索します。これはBIM Server上でのチームワークプロジェクトの場所です。
ライブラリデータ フォルダ: デフォルトのライブラリデータフォルダの場所を入力するか、または検索します。これはBIM Server上でのチームワークライブラリの場所です。[次へ]をクリックします。
詳細は、接続設定を参照してください。
注記:メールサーバーの使用はオプションです。しかし、ここでメールサーバーを定義しない場合、BIM ServerからユーザーにEメール(パスワードの確認など)を送信できません。
次へをクリックして、構成を確定します。