モデルビュー定義

IFC 2×3ベーシックFMハンドオーバービューとは、Coordination Viewの拡張バージョンで(buildingSMARTが開発)、設備管理情報の受け渡しが可能になるよう、デザインアプリケーションが必要とする一般情報を表示するものです。ベーシックFMハンドオーバービューが扱う基本領域は、要約すると、 施設のシステムの配置情報および技術情報に関した、空間配置と設備のリストになります。技術的には、ベーシックFMハンドオーバービューは、上述のCoordination Viewに加えて、下記の必要機能を備えています。家具および設備コンポーネントをスペースに割り当てる機能(スペース閉じ込め、IFCシステム)、スペースのゾーンへの割り当て(IFCゾーン)、クラスのスペースおよび構成要素への割り当て(分類参照)、製造業者ベースプロパティの構成要素への割り当て(標準およびカスタムIFCプロパティ)、ドアと窓のスペースへの割り当て(スペース境界)、構成要素のタイプ情報の割り当て(IFC製品タイプ)、全てのプロジェクト構成要素と空間構造の基本数量のエクスポート。MVDは、buildingSMARTおよびその他の組織により定義された各種プロジェクトで必要になります。一例として、COBie(Construction-Operations Building information exchange)が挙げられます。設備管理情報の受け渡しで使われる仕様です。形状モデル情報ではなく、ビルディングモデル情報のサブセット受け渡し用の表計算ソフトデータ形式になります。ARCHICADのBIM-モデルとIFCデータ交換機能によりデータ出力をします。データは、無料あるいは商用版の変換プログラムによって、COBieドキュメントに簡単に変換できます。
詳細は、「IFCデータタイプ」および「IFCデータの操作」を参照してください。