特殊結合オプション

詳細は、「双方向変換(特殊結合)」を参照してください。