アンチエイリアス(CineRender)

この設定は、CineRenderエンジンの[レンダリングの設定]の詳細ビューで使用できます。
上の画像は 9 個のエッジピクセルであり、画像を斜めに横切っています。中心のピクセルを見てください。このピクセルの計算には、16個のサブピクセルが使用されました。15個がライトグレーで、1個が赤色です。これらのピクセルは曲線を形成しています(この例ではMitchell)。この曲線がピクセルの中心部で平坦になるところを想像してみてください。この曲線は、各サブピクセルが与える影響の度合いを定義します。フィルタサイズ(フィルタの幅の設定)とフィルタの高さ(サブピクセルを考慮する範囲)を最大4ピクセルまで拡張できるため、曲線を大きく広げることができます。逆に、これは隣接するピクセルの大部分が同じサブピクセルを表示するため、よく似た色になることを意味します。エッジのシャープさや鮮明さをなくすことができます。
材質設定の「サンプリング方法」を参照してください。