[断面形状マネージャ]ダイアログボックス

有効なモデルウィンドウで選択した要素の形状を使用して新しい断面形状を作成するには、断面形状マネージャで[取得]ボタンをクリックするか、[オプション]→[断面形状]→[選択要素の断面形状を取得]を使用します。
モデルの属性の削除と置換」を参照してください。
作図レイヤーには、[断面形状編集]ウィンドウにのみ適用されるレイヤーの設定が含まれています(このパネルは、[断面形状編集]が開いている場合にのみ有効になります)。
[水平/垂直ストレッチ]:オプションの断面形状属性。このパラメータをオンにしないと、作成された断面形状を平面図に配置したときにその断面をストレッチまたはサイズ変更できなくなります。
配置した断面形状要素に開口部を配置するための基準線を設定するには、このチェックボックスをオンにします。平面上に断面形状壁を配置すると、断面形状編集ウィンドウに、ドア/窓を配置する基準線が表示されます。
詳細については、「躯体表示」を参照してください。
詳細は、「層/構成要素面積の計算」を参照してください。
ただし、断面形状構成要素の辺には別の材質または線種を適用することができます。