[一覧表設定]ダイアログボックス(一覧表)

詳細は、「一覧表」を参照してください。
一覧表での確保(チームワーク)」も参照してください。
表示されたダイアログボックスで、新規設定を作成するか、現在のものを複製するかを選択します。
[値]列では、基準のタイプに応じて、手動で値を入力するか、ポップアップコントロールから選択します。例えば、基準がサブタイプ名の場合、[…]ボタンをクリックしてサブタイプのリストから選択します。
したがって、AND を使用する基準は両方の記述が真でなければならないため、より制限されます。
[ライブラリ部品パラメータ]:このコマンドは、ロードされたライブラリ部品のパラメータを一覧表示の基準またはフィールドとして使用できるようにします。
IFCデータによる要素の検索と選択」を参照してください。
設定の[フィールド]パネル」も参照してください。