自動切り取り:例2