[再構築]コマンドの概要

メニューのカスタマイズ」を参照してください。