レイアウトIDと図面ID

レイアウトの番号付けの最も簡単な方法は、本のページと同様に、それぞれのレイアウトに順次に番号を付けることです。これを行うには、レイアウトIDの考慮は不要で、マスタレイアウトに「レイアウト番号」の自動テキストを配置するだけで済みます。レイアウト番号は、作成される順番に従ってそれぞれのレイアウトに割り当てられる番号で、レイアウトウィンドウの下部に表示されます。自動テキストによって、この番号はそれぞれのレイアウト上に表示されます。
「レイアウトID」は自動テキスト項目として使用でき、レイアウトID自動テキストをマスタレイアウトのタイトルブロックに追加すると、各レイアウトはこのIDを使用して番号付けが行われます。
[ブック設定]ダイアログボックス」を参照してください。
[ブック設定]ダイアログボックスで定義される自動レイアウトID割り当てロジックを使用する場合でも、レイアウトまたはグループにカスタムIDを割り当てることができます。
図面の設定の[図面ID]パネルで、以下のいずれかのオプションを選択して、図面のIDを定義します。
レイアウト:図面は、親のレイアウトに基づくIDを取得します。図面IDは、レイアウト設定の[このレイアウトでの図面ID]パネルで定義した記号文字/スタイルを持ちます。このオプションは、各レイアウトに複数の図面が含まれる場合に有益です。
マスタレイアウトの設定のグリッド図面ID機能を使用して、図面を自動的にセルに配置して、マトリクス構造またはフラット構造のIDを割り当てることができます。