エネルギー評価ワークフロー:概要

最後に、一次エネルギー、CO2排出量、およびエネルギーコストの計算のために、専用のダイアログボックスを使用して、エネルギー源換算係数とエネルギーコストを定義します。