点群の表示

リノベーション関連のプロジェクトでは通常、デジタルモデルの作成が必要になります。このために、その渦巻形イオニア式装飾や装飾品全てを含めた伝統的な室内インテリアなどの場合は、3Dスキャナで点群ファイルを生成します。
このような点群ファイルをArchiCADモデルに配置できるようになり、BIMコンセプトと調和したよりスムーズなリノベーションワークフローが実現します。
.xyzおよび.e57ファイル形式を開き、それをネイティブのGDLのようなオブジェクトに変換し、適切なサイズと色で、平面図または3Dウィンドウに配置します。
結果のオブジェクト上の任意の点にスナップします。
既存の建築モデルを点群に揃えます。
点群をArchiCADで新しい建築物をモデリングするときの補助として使用することで、図面を最初から作成する必要がなくなります。
リノベーションの前に、点群ワークフローを使用して既存の建物をモデリングします。視覚化のための補助として、または「完成時」の建物として、周囲環境や近隣の建物をモデリングして、計画された状態からの逸脱を検出します。
画像提供元:BAM Construct UK Ltd, www.bam.co.uk | FARO Technologies UK Ltd, www.faro.com