材質ペインター

新しい[材質ペインター]パレットを使用して、要素の材質(モデル要素およびGDLオブジェクトを含む)を3Dウィンドウで変更できるようになりました。材質ペインターで創造的なデザインを瞬時に行い、魅力的なプレゼンテーションに仕上げられます。
要素を3Dで直接材質を設定
材質ペインターから材質を選択して(または3D要素から材質をスポイトで取り込んで)、要素をクリックすることで材質が上書きされます。
別のワークフロー:3D ウィンドウで任意の要素を選択し、材質ペインターの選択リストに追加します。ダブルクリックしてその材質設定にアクセスして変更します。
あるいは、材質ペインター内の2つのリストを使用して材質を上書きします。これを行うには、材質を選択し(内容リストから)、別の材質をクリックして(選択リストから)そのモデル選択を上書きします(または、ドラッグ&ドロップを使用しても同様の結果が得られます)。
材質ペインターで選択した材質から[材質を使用している全ての要素を選択]コンテキストメニューコマンドを選択すると、その材質を使用している全てのモデル要素が選択されます。
[材質上書きを全て取り消す]コマンドは、要素(選択部分またはモデル全体)を元のビルディングマテリアルの材質に戻します(組み立て要素のみ)。
ペインターモードでのフィードバック
材質ペインターから材質を選択するとペインターモードに入り、3D ウィンドウでカーソルを動かしたときに、以下のような要素情報ポップアップが表示されます。
ターゲットとなる要素材質が強調表示されます。
要素材質が一時的に変更され、ペイント後の外観のプレビューが表示されます。
情報タグには、置換する材質と置換される材質について、グラフィックと文字による情報が表示されます。
複数の要素面をタブで切り替え:要素の全ての表面または特定の面のみの材質を上書きできます。
材質ペインターパレットを使用した材質の管理
パレットの検索機能を使用して、適切な材質を特定します。
プロジェクト属性、材質カタログ、BIMコンポーネントに検索を絞り込むオプション
Webまたはカタログから、ワンクリックで材質をプロジェクトに追加します。
材質プレビューをダブルクリックして材質設定が開くか、そのコンテキストメニューを使用します。
パレットビューをカスタマイズして環境設定に合わせます。
OpenGLまたはCineRenderでのプレビュー
小/中/大アイコン表示
水平配置または垂直配置
詳細については、『ArchiCADリファレンスガイド』の「材質ペインターで材質を上書きする」を参照してください。