材質カタログの拡張

ArchiCAD 19では、自動的にロードされる標準材質カタログが拡張され、よく使用される材質がより幅広く用意されています。
標準カタログに含まれる材質は全部で500を超え、ArchiCAD 18と比べて200ほど増えています。
新しい材質は、ユーザーのリクエストに基づいて追加されたものです。
以前は保守サービスのコンテンツとして提供されていた多くの材質が標準になり、全てのユーザーが使用できるようになりました。
以前はローカルテンプレートに保存されていた材質は、標準カタログに含められています。
必要な材質をより簡単に検索:すばやく検索できるように、全ての材質にキーワードが追加されました。