新しく改善されたラベルタイプ

ArchiCAD 19でラベルツールが大幅に改善されました(上記の「ラベルの改善」を参照)。
ラベル配置ロジックが簡略化され、1つの要素にラベルをいくつでも割り当てられるようになり、ArchiCAD 19ライブラリにシンボルラベルの新規選択内容全体が含まれるようになりました。
注記:ローカルライブラリの内容は、ローカル標準によって異なります。
新しいラベルは全て、その固有の機能に適合するパラメータを持ちます。
多数の新しいラベルに対するラベルの設定が追加され、内容とスタイルをより詳細にコントロールできます。