寸法の改善

寸法を読みやすくするための自動ポインタ
互いに接近している幅の狭い構造の寸法設定では、寸法の数値が密集してプランが読みにくくなる場合があります。これまで、ユーザーはこの問題に対処するために、寸法テキストをドラッグして位置を離し、手動ポインタを使用して対象要素に結び付けていました。当然ながら、このようなテキスト項目を後で移動すると、線も手動での再調整が必要でした。
ArchiCAD 19の新しい寸法テキストのポインタにより、この余計な作業が不要になります。
寸法テキストに参照線を追加します。
寸法の数値が領域外に移動されると、参照線が自動的に追加されます。
参照線は連動し、全ての変更に追従します。
寸法テキストのポインタはラベルのように動作し、あらゆる形式の設定が可能です。
寸法テキスト:思いどおりの場所に配置
ArchiCAD 19では、寸法テキストの配置を制御する新しいオプションが導入されました。これにより、例えば、必要に応じて自動的にテキストを寸法線の下に配置したり、横方向に移動したりできます。使用する寸法配置方法を選択します。
『ArchiCADリファレンスガイド』の「寸法テキストの配置」も参照してください。
より簡単な寸法の編集
ポイントを対象とする新しいペットパレットコマンドにより、寸法点、テキストボックス、およびポインタのグラフィックによる編集がより簡単になりました。
ワンクリックで寸法を分割します。
寸法線を分断してオフセットします。
寸法点を移動します(寸法を表示する点に視覚的なフィードバックを表示)。
参照線の長さを編集します(グラフィック編集用の新しいオプション)。
寸法設定を使用して全ての参照線の開始角を編集します。
参照線には、全てのグラフィック編集コマンド(ドラッグ、ストレッチなど)を使用できます(ラベル参照線の場合)。
フロア高度線の自動寸法設定
ワンクリックで超高層ビル全体の寸法を設定します。
断面/立面ビューで、線形寸法ツールを使用していずれか1つのフロア高度線をクリックします。
フロア高度を変更すると、全ての垂直寸法が自動的に再構築されます。
複数行の寸法テキスト
旧バージョンでは、複数行の寸法テキストが必要な場合は、寸法に連結していない個別のテキストボックスを追加する必要がありました。
ArchiCAD 19では、寸法テキストを必要な行数だけ追加できます。必要に応じて、寸法テキスト全体で体裁を整えたり移動したりでき、分離することはありません。
新しい引出し線オプション
ArchiCAD 19では、張り出しのない引出し線を選択できます。これは一部の市場でのドキュメンテーションに必要になります。
連動する高度寸法
高度寸法はクリックした要素(スラブ/屋根/シェル/メッシュ)に自動的に連動します。
吸引を使用することで、要素のタイプをフィルタできます。