ラベルの改善

要素に複数のラベルを追加
ArchiCAD 19では、各要素に任意の数のラベルをリンクできます。これはホットリンクモジュール内の要素にも当てはまります。この機能により、必要に応じて要素にラベルを付ける自由度が大幅に向上されます。次に例を示します:
1つの要素に複数の特性のラベルを付けます(例えば、同じ壁に「防火等級」と「ID」の2 つを表示)。
長い壁に同じラベルを複数回配置します。
同じラベルを必要に応じて異なるスケールおよび異なるサイズで配置します。
複数フロア要素でフロアによって形状が異なる(傾斜壁など)場合に、フロアごとに異なる位置にラベルを配置します。
ホストファイル内でホットリンクモジュールの要素にラベルを付けます。
より簡単なラベル配置
これまでは、要素タイプごとに個別にデフォルトのラベルを設定後、要素設定を使用して連動ラベルを配置する必要がありました。
今後は、ラベルツールを使用するだけですみます。目的のラベルタイプを選択し(変更するまで、これが1つのラベルのデフォルトになります)、任意の要素をクリックします。ラベルを付ける要素のダイアログボックスを開く必要はありません。
要素の強調表示により、適切な要素にラベルを付けられます。
タブで重複要素(カーテンウォールのサブ要素を含む)間を切り替えられます。
要素タイプに関係なく、複数要素に同時にラベルを付けられます([ドキュメント]→[ドキュメント補助]→[選択された要素をラベル]を使用)。現在のデフォルトのラベルタイプが、選択した全ての要素に割り当てられます。
カーテンウォールのサブ要素に直接ラベルを付けられます。
新しい[反転された参照線]オプションを使用して、断面図にラベルを付けることができます(吊り天井の下部高度を表示する場合など)。
ラベルと参照線の上手な編集
複数のラベルを同時に選択してドラッグします。参照線はこれに合わせて調整されます。
ラベルの設定を使用して、全ての参照線の開始角を編集します。
ドキュメント全体で統一されるように、全ての参照線の開始角をロックします。
参照線に対して全てのグラフィック編集コマンド(移動、ストレッチなど)を使用できます(寸法テキストの参照線の場合)。
指定されたタイプの全てのラベル(全ての ID ラベルなど)に対して、参照線をオンまたはオフにします。
新しいラベルオブジェクト
新しいラベルワークフローに合わせて、ArchiCAD 19 ライブラリには多数の新しいラベルタイプが追加されました。