ビルディングマテリアル

ビルディングマテリアルは、プロパティが定義されている複数の属性を組み合わせた「スーパー属性」です。ArchiCAD 17以降は、全てのモデル要素が、切断塗りつぶしの代わりにビルディングマテリアルを使用するようになります。
ビルディングマテリアルは、[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスでグローバルに定義した後、各自の設定ダイアログボックスの組み立て要素に適用するか、[複合構造]および[断面形状]の構成要素として使用します。ビルディングマテリアル属性を編集すると、モデル全体が変更されます。
注記:ビルディングマテリアルは、GDL要素(ドア、窓、オブジェクト、階段など)には使用しません。
個々の要素の表示で柔軟性を実現するために、以下のような要素レベルの上書きが多数提供されています。
背景、前景、または両方を含む要素切断塗りつぶしペンの上書き
各面での材質上書き(断面形状要素の押し出し上書きを含む)
ビルディングマテリアルは、以下の要素を組み合わせます。
切断塗りつぶし
切断塗りつぶしペン(前景/背景)
交差の優先度
塗りつぶし向き(複合構造または複雑な要素に使用する場合)
表面
物理的特性([タグとカテゴリ]パネルでの設定)
ビルディングマテリアルの定義、編集、複製、名前変更、または削除を実行する場合は、[オプション]→[要素属性]→[ビルディングマテリアル]を使用します。