オブジェクトを埋め込みライブラリに追加する

ライブラリマネージャーからの操作
オブジェクトファイルを埋め込みライブラリに追加するには、ライブラリマネージャーに移動し、以下の操作のいずれかを行います。
[追加]をクリックします。目的のオブジェクトファイルを参照して選択し、[開く]をクリックします(Windowsでディレクトリダイアログボックスを参照するときに、フォルダ内の項目を表示して選択するには、フォルダをダブルクリックします)。
これで、選択したオブジェクトファイルがライブラリマネージャーの[埋め込みライブラリ]に表示されます。
[追加]ボタンのポップアップリストから[埋め込みオブジェクトの参照]をクリックします。
ドラッグ&ドロップを使用します。コンピュータの任意の位置から、ファイルをライブラリマネージャーの埋め込みオブジェクトフォルダにドラッグ&ドロップします。
操作が完了したら、[再ロード]をクリックしてプロジェクトライブラリを再ロードし、ライブラリマネージャーを閉じます。
ライブラリから配置済みオブジェクトを埋め込む
この機能は、リンクライブラリまたはBIMcloud/BIM Serverライブラリからプロジェクトに全ての配置済みオブジェクトを埋め込む場合に使用します(チームワークでは、プロジェクトの現在のローカルコピー内のオブジェクトのみが埋め込まれます)。この機能はオブジェクトを埋め込むため、必要なオブジェクトをプロジェクトで常に使用可能な状態にする場合に便利です。
注記:オブジェクトを埋め込むと、それに付随して必要なマクロも自動的にロードされます。
このコマンドを使用すると、オリジナルのリンクライブラリまたはBIMcloud/BIM Serverライブラリは、プロジェクトから削除されます。
重要: ライブラリの埋め込み処理を実行しても、ライブラリの内容全体が埋め込まれるわけではありません。プロジェクトに埋め込まれるのは配置済みのオブジェクトのみです。
チームワークユーザーの場合: 他のユーザーが埋め込み対象のBIMcloud/BIM Serverライブラリからオブジェクトを配置している可能性があります。他のユーザーがこれらの変更内容をまだサーバーに送信していない場合、その配置済みオブジェクトは埋め込まれません。これは使用しているプロジェクトのローカルコピーから、そのオブジェクトを取得できないためです。ただし、埋め込み処理の一環としてソースライブラリが削除されるため、結果としてそのオブジェクトは「欠落」として表示されます。
このような状況を回避するには、全てのユーザーが変更内容を送信したことを確認してから、チームワークプロジェクトのBIMcloud/BIM Serverライブラリを埋め込む必要があります。
ライブラリの配置済みオブジェクトをプロジェクトに埋め込むには、以下の手順を実行します。
1.
ライブラリマネージャーからライブラリフォルダを選択します。
2.
「埋め込む」アイコンをクリックします(選択したライブラリにオブジェクトが配置されていない場合、このアイコンはグレーになり、埋め込むオブジェクトが存在しないことを示します)。
3.
表示されるダイアログボックスでは、埋め込み処理に関連した以下の2つのオプションを選択できます。
[材質、ゾーンスタンプ、および特性オブジェクトも埋め込む]:通常、このオプションを使用するのは、ArchiCADライブラリからオブジェクトを埋め込む場合のみです。材質、ゾーンスタンプ、および特性オブジェクトは、特定のオブジェクトに作成される付属品のGDLライブラリ部品です。これらの部品も埋め込む場合は、このボックスをオンにします。
注記: 通常は、ArchiCAD ライブラリからオブジェクトを埋め込む必要はありません。ArchiCADライブラリを整理する場合には、整理機能を使用することをお勧めします。
[重複するライブラリ部品を埋め込まない]:オブジェクトの埋め込み時に重複を回避します。オブジェクトが他のリンクされたライブラリにすでに存在する場合、そのオブジェクトは埋め込まれません。
4.
[埋め込む]をクリックします。
カスタムオブジェクトの作成
ユーザーがStairMaker、TrussMaker、RoofMakerなどを使用して作成する多くのオブジェクトは、プロジェクトの埋め込みライブラリに自動的に追加されます。例えば、StairMakerを使用してカスタム階段を作成し、[OK]をクリックすると、[ライブラリ部品の保存]ダイアログボックスが自動的に表示され、新規作成した階段を埋め込みライブラリに保存するように要求されます。
同様に、[選択内容に名前を付けて保存]で[オブジェクト]を選択してオブジェクトを保存する場合、生成されるファイルは埋め込みオブジェクトとして保存されます。
カスタムオブジェクトを作成し、3Dウィンドウから保存する場合は、埋め込みライブラリまたは任意のフォルダに保存することができます。
オブジェクトファイルのロード
プロジェクトライブラリに登録されていない個々のオブジェクトをプロジェクトで使用するには、対応するツール設定ダイアログボックスで[他のオブジェクトをロード]コマンドを選択します(窓、ドアなど)。このようなオブジェクトは、埋め込みオブジェクトとして自動的に保存されます。
ホットリンクモジュールの作成
モジュールを配置すると、ソースファイルの埋め込みライブラリ全体がホストファイルの埋め込みライブラリに追加されます。新しく追加された埋め込みライブラリを確認するにはライブラリマネージャーを使用して、埋め込みライブラリに自動的に作成される「ホットリンク」フォルダを開きます。