ライブラリコンテナファイル

拡張子.lcfが付いたものは、「ライブラリコンテナファイル」です。デフォルトのArchiCAD ライブラリは、(.lcf)形式で保存されていますが、独自のライブラリコンテナファイルを作成し、その内容を抽出することも可能です。これには、[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[コンテナを作成]/[コンテナを抽出]コマンドを使用します。
ライブラリコンテナファイルは単一ファイルですが、プロジェクトで使用される全てのオブジェクトが含まれるため、.lcf内の完全な階層を維持したままで、プロジェクトで使用される全てのオブジェクトを1つの場所に配置することができます。